当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

奈良興福寺の中核である中金堂が享保の焼失以来310年ぶりに再建され10月7日から5日間にわたり法要が営まれています。ニュースで大きく報じられていますので皆様ご承知の事と思います。この法要の核心が武者小路千家随縁斎若宗匠が5日連続で行われる献茶式と落慶慶讃茶会です ...

10月は炉と風炉の変わり目の月にあたります。炉を開くほどの肌寒さはありませんし、今日のように暑さが戻る日もあります。こんな時節には中置の点前が都合良いのです。中置には、基本となる小板を使う点前と柄杓を、飾り残す半板、大板、長板、竹台子の点前の5種がありますが ...

今秋は流儀での茶会担当に僕は当たっていないので、稽古に余裕があり、また、新しい社中も増えて来て茶会のスタッフに不慣れな方も増えてきたため、稽古として茶会をしました。両忘会は現在会員数42名ですが、この日は約6割の26名が稽古に参加しました。4組に分かれて、A組席 ...

↑このページのトップヘ