当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

令和元年まであと10日となりました。千駄木クラスは今日が炉の使い納め、次回は風炉となります。掛け軸は幕末から明治の動乱期のお家元 一指斎 の筆  万歳万歳万々歳この度、表装し直したので、とても綺麗になりました。一文字風帯は切金唐草緞子中廻しは箔入貴船緞子天地は ...

4月も中旬に入りましたので、掛物は葦に千鳥図にしました。青々と葦が茂る水辺を千鳥が飛ぶ景ですが絵師は肥後狩野派初代狩野成信(しげのぶ)と伝え聞いています。藩お抱え絵師は藩から知行を頂いているので絵は買い上げにはならず公務として絵を描いて納める形となるので署 ...

恵比寿稽古場では短冊を使うことが多いのですが、今掛けているのは 肥後藩最期の藩主の御舎弟様 長岡護美(モリヨシ) 公 の 須磨浦の和歌です。いまもなお ひえ鳥こえの 山おろし吹ハ くれくる すまの浦浪須磨は風光明媚な桜の名所です。古来 和歌に数多く詠まれています。 ...

↑このページのトップヘ