当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

4月21日は、暑かったですが千駄木クラスでの今季最後の炉でした。床には、菊池武時公の像を掛けましたが、やはり広間の床にこの軸は似合っています。午前の稽古の始まりは、茶花の入れ方から。守惠さんに花を入れて頂きました。花は、芍薬 あまりの陽気に 開いてしまいました ...

4月も下旬に入りましたので、道具は端午の節句の雰囲気に。掛物は幕末の画家 菊池容斎による、菊池武時公。菊池武時公は、後醍醐天皇に応じて最初に九州で挙兵した南朝の忠臣第一等の郷里熊本の武将です。場面は菊池武時公が鎮西探題に討ち入る直前櫛田神社前で馬がすくんで ...

日本橋三越本店の新館9かいにあるカルチャーサロン内茶室はにじり口のある4畳台目の小間と8畳広間が2室の計3室ある本格的な茶室です。そこで、4月から毎月1回第4水曜日18時〜20時半に茶道教室を開講します。生徒募集中です。第1回は4月25日第1回は炉、末広棚の点前を披露しま ...

↑このページのトップヘ