当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

今日は、両忘会のベテランばかりの稽古日でしたので、利休袋棚を使い、茶通箱と台天目と盆点を稽古しました。先ずはじめに守雪さんが茶通箱を稽古。使っている茶碗は幕末の黄瀬戸。名工の加藤春岱の作です。流石に練り易いとの守雪さんの感想でした。次に桜沢エリカさんが、 ...

両忘会には3つの教室がありますが、今日はその内の千駄木教室の稽古納めをしました。稽古納めなので、大徳寺派12代管長で平成7年に遷化せられた方谷浩明老師の筆 無事  を掛けました。いれた花は、曙椿と葉付きの蝋梅茶道をしていると、季節に敏感になります。葉付きの蝋梅 ...

この日の軸は武者小路千家 先々代お家元 愈好斎宗匠の筆による、山中無暦日を掛けました唐詩選の中に太上隠者たいじょういんじゃの句偶たまたま松樹の下に来たり枕を高くして石頭に眠る山中暦日無し寒尽くるも年を知らず暦日とはつまりはカレンダーのことです。寒尽くる とは ...

↑このページのトップヘ