当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

2月の千駄木クラスとしては、今日が初回でした。床には大徳寺高桐院の松長剛山和尚の「梨花一枝の春」を掛けました。まず、席入りから菓子の取り回し。今日の菓子は とらや の 椿餅。次に、茶花わ入れる稽古。今日は曙と黒文字を用意しました。MSさんが小ぶりの備前窯変旅枕 ...

2月4日立春に初釜を行ないました。その日から暦の上では春ですから、稽古場の道具組も正月の物から春のものに変えました。掛物はお家元夫人の千和加子様から頂いた早蕨の絵。 花は玉の浦椿と満作花入は吹きガラス製の掛け花入銘は「春風」 淺原千代治先生の作これは、僕が札 ...

昨日は立春でした。暦の上では春がはじまります。その日に両忘会初釜を三田の水光庵で行いました。両忘会は3年半前に16名で発足しました。昨年の初釜は25名の参加者でしたが、今年は40名の参加者でした。この日の道具組みは 床に細川幽斎公の梅を詠んだ和歌よよをへて美香か ...

↑このページのトップヘ