当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

千駄木クラス4月の1回目は4月6日でした。午後から気温がぐんぐんとあがり、窓も開け放って稽古。床には徳川斉昭公の茶対の拓本茶対はやはり、広間の床に良くあいます。今日の茶花は野々市椿翁草蘇芳野々市椿はごく薄いピンクの花弁が強烈な黄色の花芯を包みこんでそれが透け ...

3月も終わりになりましたので、設えを替えました。掛け物は 茶対 水戸偕楽園好文亭に掲げられている、徳川斉昭公の筆で天保壬寅孟春 つまり 1842年正月斉昭公と言えば幕末 井伊大老と激しく対立した尊皇派で、その藩士が引き起こした桜田門外ノ変が維新の起点となった方です ...

昨夜は日本橋三越クラスでした。日本橋三越本店の新館9階三越カルチャーサロンに毎月第4水曜18時〜20時半に開講しているこの講座は開講1年となりました。まず席入して、掛け物、花、棚、釜を拝見し、ついで菓子を頂きます。花見の季節ですので、昨日は幕末の僕の先祖が詠んだ ...

↑このページのトップヘ