当方は三千家の一つである武者小路千家流の茶道教室です。家元直門の茶道教授である有吉守聖が主宰しています。

教室は千駄木駅近くと、五反田駅近くの2箇所で開いています。

千駄木教室は、武者小路千家お家元の稽古場を特別のお許しを得て使わせて頂いております。

点前の稽古はもちろん、茶席での着物のアドバイスや着付けの指導、茶室での立ち居振舞いなどの礼儀作法、茶花、水屋仕事なども含めて総合的かつ深く茶道を学んで頂ける教室です。

また、五反田教室はお仕事帰りの時間を利用して気軽に茶道を学べる初心者から中級者向けの教室です。

この他、五反田教室では流儀不問で、茶室教室も開催しております。

茶道を通じ、和の文化的教養を総合的に学べる教室です。

当方は、初心の方から教職を目指す方まで幅広いニーズにお応えできますので
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

見学やお試し稽古も随時承っております。

旅ダンスの練点前には、水指を手前に引き出して行う要領、中板を上板にあげて使う要領、中板を左に立て掛けた扉と箱の間に立て掛ける要領、そして上板と中板を取り出して置いて使う野点の要領の4通りの点前があります。今日はSCさんには野点を稽古して頂きました。SCさんとご ...

両忘会3人目の教職をうけられたWMさん。教職の許状を伝達させて頂きました。そして、唐物盆点を伝授しました。初めて唐物盆点の点前を見て興味深々のSYさんSYさんは、旅ダンス薄茶を稽古今日は、中板を上板にあげる要領の薄茶をしました。 ...

旅箪笥は野点用に考案された旅持ちの棚ですから、庭に毛氈をひいて幔幕を張りまわして楽しむのが一番です。熊本の実家では庭に野点用の石炉が組んであり、春には亡母が社中の方と旅箪笥で楽しんでいました。今の東京ではベランダをあけ放ち、窓の外の桜を見つつ、室内で、と ...

↑このページのトップヘ