昨日は立春でした。暦の上では春がはじまります。その日に両忘会初釜を三田の水光庵で行いました。両忘会は3年半前に16名で発足しました。昨年の初釜は25名の参加者でしたが、今年は40名の参加者でした。

この日の道具組みは 
床に細川幽斎公の梅を詠んだ和歌
よよをへて美香かわらぬ梅壺の
花をば君にかざさしやせむ


IMG_8307
花は
岩根しぼりとマンサク
花入は僕の自作一重切り「安良山」

IMG_8342

香合は和田桐山の干支香合
先代家元 有隣斎好みの 雪松袱紗にのせて

IMG_8351

有吉家伝来の源氏物語の内 若菜の帖上下
これは有吉家5代の有吉英貴の妻 古屋姫の自筆です。古屋姫様は豊臣秀頼公の姫という伝承がある方。

IMG_8347

棚は 有隣斎好みの 末廣棚
天地の板が金砂子を施した扇形で
左右に6色の組紐が下がる美しい棚です。

水指は加藤唐九郎の黄瀬戸末廣水指

釜は加藤忠三郎の大阿弥陀堂
不徹斎お家元から今年拝受したものです。

茶入は朝日焼肩衝 銘「陽光」
茶器は前端春斎の梅蒔絵大棗
茶杓は賤が岳の松で作られた不徹斎お家元作の「一番槍」

蓋置は白井半七の若松絵

IMG_8346

主茶碗は荒川豊蔵の黒織部です
存在感ありますね〜〜

IMG_8345

こちらは第1席目

前においてある莨盆は
有吉家伝来源氏物語の内箱です
総梨地に有吉家定紋が高蒔絵で散らされています

IMG_8361

こちらは第4席目

IMG_8326

点心席は
向付、椀、縁高盛、八寸、蒸し寿司
にしました。さすが嵐山吉兆で修行された石田さんの料理、美味い。

IMG_8356

お菓子は 日本橋日月堂の森まゆみさんに
お願いして作って頂いた練り切り
両忘会ペットを写した
銘は「Leon」



IMG_8357