3月3日は千駄木教室で蛤棚の点前を稽古しました。蛤棚は蛤形に切り出した桐板を天板として、その残りを客付の柱とし、勝手付の柱を竹にした武者小路千家流の棚で数種類のアレンジがあるのですが、僕は愈好斎好みの、竹柱に二本枝を切り残した形の物を使っています。
この切り残しの枝に、茶入の仕服をかけたり、
後飾りに柄杓を掛けたりするのです。
また、地板がない棚ですから水指は運びの扱いとなります。

IMG_8766

3月3日だから雛祭りの軸 と言う事にはしませんでした。3月9日は陸軍記念日ですから、一條実孝公爵の筆による軍人精神の軸を掛けました。

忠君を尽くし礼儀を正し武勇をたっとび信義を重んじ質素を旨とする五つは軍人の精神なり

IMG_8759

SYさんは炭点前はまだ2回目なのですが、とてもよく覚えていて、スムーズに点前されましたので感心しました。

IMG_8785

炭が綺麗に入りました。
FullSizeRender

WMさんが台天目を復習されました。唐物以上の点前には武者小路千家流では唐物帛紗という大きな点前袱紗を使用します。

IMG_8765

HIさんは蛤棚薄茶の点前。鎌倉から稽古に通って来られています。

IMG_8758

漫画家のSEさんは蛤棚濃茶のお点前を稽古。
茶碗は紫野焼の赤を使いました。銘は「祥瑞」と大徳寺高桐院の先代 上田義山老師が付けた茶碗です。

IMG_8768

YYさんも久しぶりに台天目を稽古されました。

IMG_8769

最後にMSさんが蛤棚薄茶を稽古しました。

IMG_8772

下の写真は恵比寿教室ですが昨日は茶花に
春曙光椿と雲竜柳を準備しました。

IMG_8775