今年はことさらに暑く、5月半ばというのにすでに夏日が続いています。教室では、運び点前から烏帽子棚の点前に移行しました。

烏帽子棚は武者小路千家8代家元一啜斎の好みの風炉用の棚です。天地が四角、中棚が三角の棚で、柄杓の飾り残し方と建水持ち帰り〜飾り茶器持ち出し迄の間に中棚に袱紗を烏帽子飾りにして置くところに点前の特色があります。

写真は、烏帽子棚初体験のMSさん。

IMG_0014

今朝は夏にあわせて涼しげな茶杓を削りました
下は茶杓をあらかた削ったところ

FullSizeRender

形を整えてゆき、だいぶん茶杓らしくなってきました。

IMG_0025

完成しました。
完成まで、約1時間。
節上ところどころにとんでいるゴマが
、夏の朝陽を浴びて輝く苔についた朝露をイメージさせますので、茶杓の銘は
青苔 セイタイ
とします。

IMG_0027