8月上旬の非勝手の点前稽古が一巡したのと、新しい入会者2人が恵比寿クラスに入りましたので、点前座を本勝手に戻し道具は釣瓶に変えました。

今日は、午前の稽古にSMさんとFMさんがみえ、釣瓶名水点を稽古しました。

武者小路千家流の釣瓶名水点は、釣瓶に特別な飾りはしません。初飾りで釣瓶の上に柄杓か蟹の蓋置を飾り、それを名水点の徴としますが、蟹の蓋置を飾るのは名品に限ると言われており、通常は柄杓を初飾りします。

名水点は当然ながら濃茶です。
点前はSMさんがされました。

FullSizeRender

濃茶を常のように進行し、茶碗がかえり
茶碗、出し帛紗の問答が終われば
正客からお湯の所望がされます。

茶碗を濯ぎ、拭き、さらに濯いだのち
お湯を客に出し、名水に対する礼と問答が始まります。


IMG_1284

次いで、FMさんが釣瓶薄茶の点前稽古

IMG_1278

今日の掛物雲竜
雨の神

武者小路千家お家元 不徹斎宗匠

IMG_1280

花はムクゲに秋明菊
熊本水俣産の花
IMG_1279