北海道の震災では、多くの方が被災され、避難所に身を寄せた方も多くいらっしゃると思います。僕は札幌に都合6年ほど勤務でいたことがありますので、知人友人も多く、心配です。
一日も早い復旧を祈念いたします。

さて、今日は9月初回の千駄木クラスの日でした。午前3名、午後4名の方が稽古にみえました。

明日は新暦の重陽ですから
掛け軸はやはり
青蓮院宮尊證法親王の筆 菊の絵
350年近く経っているとは思えない鮮やかな色彩です。やはり親王様の絵ですから広間の大きな床に映えます

IMG_1605

両忘会千駄木クラスでは、茶花は炭点前をする方が入れることにしています。
今日は、午前はFMさん、午後は守雪さんが炭点前と茶花をされました。
写真は

段菊
虎の尾の照葉
菊アザミ
紫錦唐松
吾亦紅

の5種を宗全籠に入れていただきました。


IMG_1604

菓子も菊に因んで
とらやの菊の露

IMG_1623

薄茶の稽古では供茶を併せて稽古しました。

IMG_1615

供茶は祖堂の利休様にお供えしました。

IMG_1616

今日の皆具は金谷浄雲作の利休形唐金皆具。
使っている茶碗は 酒津焼 です。
先代お家元の有隣斎宗匠の銘 白菊
がついています

IMG_1610
IMG_1625


客作法もしっかり稽古します

IMG_1612

下の写真は
濃茶の点前をしてみせている僕。

緩急のつけかたや、動作の連接は口ではなかなか伝わりませんから。

IMG_1596