今月の三越カルチャーサロンクラスは、炉運びをしました。掛けた軸は武者小路千家不徹斎お家元の筆 神光天地を照らす

花は 加茂本阿弥 と 寒菊

神光とは、禅宗の第二祖慧可(えか)の名で、慧可が初祖達磨(だるま)の法を嗣いだお陰で禅が栄えたという意味です。以前お家元が明治神宮で献茶をされ、僕が濃茶席を担当させて頂いた際に頂いたものです。神の光が遍く天地を照らすとも読めますのでクリスマスに先立つ旬間に使っていますが、三越カルチャーサロンクラスは、次回は12月26日になりますので、この日に掛けました。

稽古はまずスタッフで入っている守惠さんが炉濃茶運び点前を展示し、生徒の方は濃茶客作法を勉強して頂きました。   茶碗は長次郎の黒写し、茶入は唐津尻膨、茶杓は僕の自作夜寒(よさむ)。

IMG_2505

客の真ん中には守雪さんが入り客作法を細かくアドバイス
IMG_2507

次に濃茶、薄茶、略盆点前の3グループに分かれて稽古。

経験者の方は濃茶グループに入って、4畳半台目席で小間の点前を稽古しました。ここは僕が直接指導。

IMG_2509

薄茶グループは広間で運び点前を稽古。
こちらは守惠さんが指導担当。

IMG_2501

薄茶グループの客作法は守雪さんが指導担当

FullSizeRender

略盆点前はみずほさんが担当。

FullSizeRender

担当の3人の講師はもちろん武者小路千家流茶道教授です。
三越カルチャーサロン内茶室の3室を使ってレベルに応じた指導をきめ細かく行っています。

水屋担当の裕美さんもしっかりした点前をされますので、気軽に質問できます。

IMG_2511

両忘会は生徒募集中です。
三越カルチャーサロンの生徒さんもあわせて
募集中です。

お問い合わせは有吉までお気軽に。
ariyosit@me.com