今日から12月、いよいよ師走です。
花は 加茂本阿弥と寒菊

寒菊は別名 霜見草と言いますように晩秋から冬に咲く花ですが、小さな葉の紅葉が緑と混じって綺麗ですね

花入は信楽焼蹲 高橋春斎の作
正面に強い火が当たり窯変しているので花映えします。

IMG_2548

この日の掛物は、不徹斎お家元の筆
柿一枝 

IMG_2549

棚は四方棚
11月下旬は清友棚を使い、12月下旬には
利休袋棚か自在棚を使う予定なので、
12月上旬はその中間の四方棚で稽古します

水指は 古高取 銘 烏帽子箱

IMG_2547

薄茶器はIHS蒔絵中次 寛斎の作
12月はクリスマスですからね〜
IHSはイエズス会の印ですね
蓋には茨の冠を示す文様が蒔絵と螺鈿であらわされ、またイエズスを磔にした釘が描かれています。側面にはイエズスの血を表す葡萄の蒔絵


IMG_2550

主茶碗は信楽焼雪華紋 杉本貞光を使い、替茶碗には干支の使い納めで、真葛焼の犬の絵茶碗 
宮川香斎の作

IMG_2551
IMG_2542