両忘会は現在43名の会員がいますが、今日は
そのうちの26人が集まって僕の誕生祝いをしてくれました。

IMG_2581

両忘会は設立して4年3ケ月になります。平成26年8月に、僕は自衛隊を旅団長で退官し、1ケ月の準備を経て、26年9月に青山一丁目に茶道教室を開きました。その後、不徹斎お家元から流儀の千駄木稽古場を使用するようにお勧め頂き、またベース教室も会員数の拡大に伴い青山一丁目から27年4月に五反田、28年6月からは現在の恵比寿に移りました。
この間併せて、カルチャースクールでの茶道講座も新宿伊勢丹本店や落合二葉苑で開講していましたが、30年4月からは日本橋三越本店カルチャーサロンに講座を開講するに至りました。

IMG_2578

生徒数は、教室創設時期は16名でしたが段々と増えて、30年12月4日現在は43名になりました。下の写真は創設期からの会員である漫画家の桜沢エリカさんが、乾杯のスピーチ中です。

IMG_2602

両忘会はお家元の格別のお引き立てを賜り、創設期からNHKの 美の壺 やAERA誌に掲載頂き、また東茶会薄茶席(濃茶席がお家元席)、明治神宮献茶での濃茶席、日本橋三越での千家十職展添え釜、東京国立博物館での茶の湯展添え釜など、普通なら一生に一度あるかないかクラスの格式高い席を、数多く担当させて頂きました。
それらは会が発足して間がない時分でしたから、いつも冷や汗物でした。しかし大過なく務められた。それは両忘会員の方々の大変な努力と団結があったからです。

IMG_2603

両忘会は単なる有吉茶道教室ではなく「会」を名乗っています。それは単なる茶法技術の修得を目的としているのではなく、茶道を通じて日本伝統文化の教養を深める会員相互の切磋琢磨の場を目指しているからです。

IMG_2587

今日も会場内では、茶道や着物の話題で会話が弾んでいました。

IMG_2596


こちらは創設メンバーの吉田守雪さんと桜沢エリカさん。

IMG_2611

最後に会員皆さんから誕生祝いに出し帛紗を頂きました。

IMG_2583

タイのマットミーつまり絹絣で作られた
出し帛紗です。
糸の細さが圧倒的に細やかでしなやかな、織り手の根気が偲ばれる伝統布です。

FullSizeRender

両忘会では生徒募集中です。
日本橋三越カルチャーサロンの講座も受講受付中です。
お問い合わせは、有吉まで。
ariyosit@me.com

IMG_2610