今日は、両忘会のベテランばかりの稽古日でしたので、利休袋棚を使い、茶通箱と台天目と盆点を稽古しました。

先ずはじめに守雪さんが茶通箱を稽古。
使っている茶碗は幕末の黄瀬戸。名工の加藤春岱の作です。流石に練り易いとの守雪さんの感想でした。
IMG_2760

次に桜沢エリカさんが、台天目を稽古。

IMG_2763

最後に守惠さんが、唐物盆点を稽古。
盆点では帛紗捌きも 真の真  になります。

IMG_2767
IMG_2768

許状物の点前は、やはり楽しいですねー
とのことでした。

掛物は武者小路千家先々代家元 愈好斎の筆
山中に暦日無し

IMG_2765

両忘会恵比寿教室では、初心者から教授クラスまでマンツーマンレッスンで、丁寧に点前を稽古出来ます。もちろん、使うお道具も茶会に使用するクラスの物です。

FullSizeRender

入れた花は
加茂本阿弥椿と黒文字
花入は信楽焼蹲  高橋春斎の作

両忘会は生徒募集中です。
お問い合わせはお気軽に有吉まで。
ariyosit@me.com