2017年03月

僕が所属する武者小路千家流では 許状体系は 的傳→小習I→小習II→小習III→唐物 →準教授→茶通箱→台天目→盆点→教授→道名→正教授→相傳 の13階位になっています。 この上にさらに皆傳という位がありますが、皆傳は流儀の代々の功績者数名だけの例外ですから、 ...

Sさんは唐物の復習中です。 水指は古備前、茶碗は古唐津です 水指の存在感が半端ありません こちらは茶箱の稽古をされている SさんとUさん ...

今日3月28日は利休忌てす。 武者小路千家では、3月28日に利休忌を聚光院で行います。 午前10時半から11時が法要。その前後に茶席に釜が掛けられます。 法要に参列したあと、墓域に、 ...

両忘会では3月に一度、研究会として、許状物など、普段できない科目を集中的に稽古しています。研究会のやり方は先生ごと、いろいろあるかと思いますが、僕の経験から、1日にいくつかの科目を集中して比較的に見ることが、その科目の特徴を掴むのに有効だと思います。それで ...

間も無く花見の季節になりますので、茶箱の薄茶点前を稽古しました。茶箱の点前は部屋のベランダ窓を開けて、野点の雰囲気ですると、楽しいですね。 4月2日の中井の二葉苑ギャラリーでも、外の川沿いの桜を見ながら茶箱の点前をします。 茶箱は、その蓋を台に ...

↑このページのトップヘ