2018年04月

ゴールデンウィーク2日目。24度ですが、暑かった。作務衣も麻に替えました。流石に爽やかサラサラ。端午の節句も近いですね。今日は、午前から稽古。MSさんは風炉薄茶。TSさんは仕事の関係で今日は2コマされました。1コマ目は風炉濃茶。2コマ目は、風炉薄茶。SMさんは、風炉 ...

今年の4月は異常に暑かったですね。着物もすでに単衣にして、襦袢は麻にしていますが、それでも汗でじっとりなり、悉皆に次々と出さなければならないくらい。ゴールデンウィーク初日の午前は稽古が入っていなかったので、恵比寿教室は炉の灰を揚げて風炉に入れ替えました。炉 ...

4月25日は日本橋三越カルチャーサロンでの新規講座初日でした。これまで日本橋三越本店の茶道教室は三井家以来の縁で表流が主体でした。武者小路千家流茶道教室としての初開講ですから、どうなるか心配していましたが、新規講座としてはまずまずの11人が受講登録して頂きまし ...

4月21日は、暑かったですが千駄木クラスでの今季最後の炉でした。床には、菊池武時公の像を掛けましたが、やはり広間の床にこの軸は似合っています。午前の稽古の始まりは、茶花の入れ方から。守惠さんに花を入れて頂きました。花は、芍薬 あまりの陽気に 開いてしまいました ...

4月も下旬に入りましたので、道具は端午の節句の雰囲気に。掛物は幕末の画家 菊池容斎による、菊池武時公。菊池武時公は、後醍醐天皇に応じて最初に九州で挙兵した南朝の忠臣第一等の郷里熊本の武将です。場面は菊池武時公が鎮西探題に討ち入る直前櫛田神社前で馬がすくんで ...

↑このページのトップヘ