2018年10月

奈良興福寺の中核である中金堂が享保の焼失以来310年ぶりに再建され10月7日から5日間にわたり法要が営まれています。ニュースで大きく報じられていますので皆様ご承知の事と思います。この法要の核心が武者小路千家随縁斎若宗匠が5日連続で行われる献茶式と落慶慶讃茶会です ...

10月は炉と風炉の変わり目の月にあたります。炉を開くほどの肌寒さはありませんし、今日のように暑さが戻る日もあります。こんな時節には中置の点前が都合良いのです。中置には、基本となる小板を使う点前と柄杓を、飾り残す半板、大板、長板、竹台子の点前の5種がありますが ...

↑このページのトップヘ