2018年12月

今日は、両忘会のベテランばかりの稽古日でしたので、利休袋棚を使い、茶通箱と台天目と盆点を稽古しました。先ずはじめに守雪さんが茶通箱を稽古。使っている茶碗は幕末の黄瀬戸。名工の加藤春岱の作です。流石に練り易いとの守雪さんの感想でした。次に桜沢エリカさんが、 ...

両忘会には3つの教室がありますが、今日はその内の千駄木教室の稽古納めをしました。稽古納めなので、大徳寺派12代管長で平成7年に遷化せられた方谷浩明老師の筆 無事  を掛けました。いれた花は、曙椿と葉付きの蝋梅茶道をしていると、季節に敏感になります。葉付きの蝋梅 ...

この日の軸は武者小路千家 先々代お家元 愈好斎宗匠の筆による、山中無暦日を掛けました唐詩選の中に太上隠者たいじょういんじゃの句偶たまたま松樹の下に来たり枕を高くして石頭に眠る山中暦日無し寒尽くるも年を知らず暦日とはつまりはカレンダーのことです。寒尽くる とは ...

両忘会は現在43名の会員がいますが、今日はそのうちの26人が集まって僕の誕生祝いをしてくれました。両忘会は設立して4年3ケ月になります。平成26年8月に、僕は自衛隊を旅団長で退官し、1ケ月の準備を経て、26年9月に青山一丁目に茶道教室を開きました。その後、不徹斎お家元 ...

今日から12月、いよいよ師走です。花は 加茂本阿弥と寒菊寒菊は別名 霜見草と言いますように晩秋から冬に咲く花ですが、小さな葉の紅葉が緑と混じって綺麗ですね花入は信楽焼蹲 高橋春斎の作正面に強い火が当たり窯変しているので花映えします。この日の掛物は、不徹斎お家元 ...

↑このページのトップヘ