2018年12月

今日、12月29日は両忘会恵比寿教室の稽古納めでした。朝10時から夜19時までびっしり稽古に来られました。軸は歳末の定石 無事  大徳寺の先先代管長方谷浩明和尚の筆です花は山茶花と白水仙 山茶花は開いた物を使うのが約束です。今日の菓子は、大徳寺 紅  とらや製やはり ...

12月26日は、両忘会の3つの教室の一つであります日本橋三越クラスで稽古納めをしました。日本橋三越本店の新館9階にある三越カルチャーサロンには本格的な茶室があります。そこで月1回第四水曜の夜18時〜20時過ぎにクラスを開講しています。はじめに道名や教授資格をもつスタ ...

今日は、両忘会のベテランばかりの稽古日でしたので、利休袋棚を使い、茶通箱と台天目と盆点を稽古しました。先ずはじめに守雪さんが茶通箱を稽古。使っている茶碗は幕末の黄瀬戸。名工の加藤春岱の作です。流石に練り易いとの守雪さんの感想でした。次に桜沢エリカさんが、 ...

両忘会には3つの教室がありますが、今日はその内の千駄木教室の稽古納めをしました。稽古納めなので、大徳寺派12代管長で平成7年に遷化せられた方谷浩明老師の筆 無事  を掛けました。いれた花は、曙椿と葉付きの蝋梅茶道をしていると、季節に敏感になります。葉付きの蝋梅 ...

この日の軸は武者小路千家 先々代お家元 愈好斎宗匠の筆による、山中無暦日を掛けました唐詩選の中に太上隠者たいじょういんじゃの句偶たまたま松樹の下に来たり枕を高くして石頭に眠る山中暦日無し寒尽くるも年を知らず暦日とはつまりはカレンダーのことです。寒尽くる とは ...

↑このページのトップヘ